The EU Settlement Scheme  ~Brexit後のEU/EEA国籍者と家族のビザ~

現在までに発表されている情報ですが、今後EU、EEA(Swiss Citizen、Iceland、Liechtenstein、Norwayを含む)国籍者とその家族は、2021年6月以降も継続的に英国に滞在するためにThe EU Settlement Schemeに申し込む必要があります

申請が必要な方:

  • EU、EEA国籍者とその家族

申請が必要ない方:

  • 英国籍またはIrish国籍をお持ちの方(二重国籍者含む)
  • Indefinite Leave to Remain/Enterをお持ちの方(※Permanent Residence Permitをお持ちの方は申請が必要です)

 

申請をすると、下記いずれかが発行されます

※申請時に選ぶことはできません。滞在期間等の条件により移民局が判断します

※申請期限: 2021年6月30日(No Deal Brexitの場合は異なります)

 

Settled Status

対象者: 2020年12月31日(No Deal Brexitの場合は英国のEU離脱日)までに英国での居住を開始し、英国に継続して5年以上滞在していること

※12か月の間に6か月以上英国外にいた場合は「継続」と見なされません。但し例外もあります

※Settled Statusを取得すると、制限なく英国での滞在が可能で、要件を満たせばBritish Citizenshipの申請も可能となります

 

Pre-Settled Status

対象者: 上記に当てはまらない申請者で、2020年12月31日(No Deal Brexitの場合は離脱日)までに英国滞在を開始された方

※Pre- Settled Statusを取得から5年滞在が可能、その後Settled Statusの申請が可能

 

The EU Settlement Schemeは既に開始されており、申請は無料です

今後、英国での就労条件にSettled StatusまたはPre-Settled Statusを取得していることが条件となりますので、該当する方は早めに申請を進められることをお勧めします

Brexitの状況により情報は変更されますので、詳細は英国移民局ウェブサイトにてご確認ください

英国で働く ~税金の基礎知識~

英国の税制
英国の税制は累進源泉課税(PAYE)方式です。企業で被雇用者として勤務される場合、日本と同様に所得税、国民保険料(日本の保険料、年金に相当)は毎月給与所得から差し引かれて雇用主が納付します。フリーランスなど自営業(Self-employed)の場合は、年度末にご自身で確定申告を行い納税します
累進課税ですので、給与によって支払う税金は異なってきます。おおよその金額を調べるサイトなどもありますので、目安として活用いただけます(但しあくまで目安ですので、必ずしも正しい金額とは限りません)
働く際に必要な手続き
英国で税金を納付するには、National Insurance Number(NI番号)を取得する必要があります。
これにより、歳入税関庁(HMRC)から個々に適用される税金コードが発行され、それに基づいて税金の計算がなされます。
NI番号の取得の流れはNational Insurance Application Lineへ連絡→質問事項に回答して面談アポイントメント→面談→番号取得 となります。
時期にもよりますが、取得までに1か月~2か月程度かかることもありますので、英国に到着されたら手続きを開始されることをお勧めします。
※就業する前にNI番号が取得できていない場合でも就労は可能ですが、その場合はEmergency Tax Codeという応急的なコードが適用されます。通常こちらは税率が高くなっていますが、NIを取得後に調整されて還付されます
税金に関する書類
英国の会計年度は4月6日~翌4月5日になります
初めて英国で就労される方、もしくは以前勤務していたが年度内では初めて就労される方は、新しく就業する際にHMRCへ提出するStarter Check Listを記入いただきます。
その他の書類には主に下記があります
  • P45:離職時に雇用主から発行されます。こちらは年度内(4月6日~翌4月5日)でのそれまでの所得、税金額、また税金コードなどが記載されています
  • P60:年度内に支払われた所得と納税額の総額が記載された書類で、税金還付申請を行う際に必要となります
税金還付
被雇用者として一社で勤務されている場合、通常年度内での過払い/未払い税金に関しては自動的に調整が入り、その場合通常よりも少なく/多く課税されることになります。英国を離れる場合、税金還付は課税年度内いつでも行えます
税金はそれぞれの状況により異なります。また個人情報の為、本人にしか情報開示がされませんので、詳しい情報はHMRC、また個別でお問い合わせください

アクセスアポイントメント ブログ 更新中!

「Work and Life Balance」に関連したセミナー記録、またその他イベントや様々な体験記を随時更新中! 今後のセミナー情報なども掲載してまいります。皆様のご意見、ご要望も大歓迎、お気軽にのぞいてください → アクセスアポイントメントブログ

 

ご就職・転職に際して ~BRPカード~

BRP (Biometric Residence Permit)カードが2012年から導入され、これ以降にビザ申請をされた皆様はBRPカードを取得されていらっしゃるかと思います

移民局ウェブサイトに記載があるように、下記条件下で就職転職時にはBRPカードの取得が必須となります

  • 永住権のスタンプまたはシールが添付されているパスポートが有効期限切れ
  • 永住権が添付されているパスポートを紛失

(原文)

Prove your right to work in the UK

You cannot use a valid visa in your expired passport to prove you have the right to work in the UK. You must replace your visa with a biometric residence permit.

 

基本的には現在有効なパスポートの期限内(最長10年)の有効期限でカードが発行されます。BRPカードへのトランスファーに関しては、移民局ウェブサイトにて確認ください

※Right to workの証明には必要ですが、英国外へ旅行に出て戻ることは以前のパスポートに添付されているビザで問題ありません

お仕事をお探しですか?→まずは簡単登録!お気軽にご相談ください!

すでに渡英された方はもちろん、これから渡英予定の方のご登録も歓迎!CV登録 をクリック、簡単に登録が可能です。CV、面接アドバイスも行っています。日本語でもお気軽にお問合せください。
☆登録に際してご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください info@access-appointments.com

YMSビザで渡英された/今後渡英予定の方、ご登録お待ちしております

Tier 5 YMSビザをお持ちで渡英/渡英予定の方、お気軽にご連絡ください。英文履歴書の書き方から、面接のアドバイス、また英国での生活面でのアドバイスなどもいたしております。まずは履歴書(英文または日本語)を CV登録 からお送りください。

第34回セミナー:「英国の紅茶、世界のお茶を訪ねて」ご参加ありがとうございました

お茶の歴史、種類から知っているようで知らないお茶の定義まで幅広くいろいろなお話しをしていただき、また様々な試飲もしながらとても楽しい時間でした。これからの季節、自分に合ったお茶を買ってゆったり楽しみたいと思います!飯白様、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。セミナー後記はブログにてご覧くださいませ。

第33回セミナー「イギリスの美味しいお話~歴史と裏話~」ご参加ありがとうございました

『英国の口福をさがして』でおなじみの真美マクギネス様から、英国の美味しい物にまつわる歴史や裏話、イギリスの食べ物について、実演も交えた楽しいお話を伺わせていただきました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。セミナー後記はブログにて掲載しておりますので、お時間のある際にぜひご覧くださいませ。

第32回セミナー 木村正人氏講演:Brexitの行く末は…」

Brexitの行く末について、様々な角度からのお話しであっという間に時間が過ぎてしまいました。木村様、ご参加下さった皆様、ありがとうございました。セミナーでの様子、講演内容は弊社ブログでご確認いただけますので、ご興味のある方は覗いてみてくださいね。次回セミナー2019年2月を予定しております。詳細はブログ、ウェブサイトで追ってお知らせしますので、皆様のご参加をお待ちしております。

2019年 新しいスタートをサポートします

2019年、新しい1年が始まりました。今年はBrexitを控え、大きな転換期となる可能性がある1年です。
アクセスアポイントメントは、英国、欧州、日本での求職活動、企業様の採用活動をサポートいたします。
どんなご相談でもお気軽にご連絡くださいませ。

1 / 11